ANIDO 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [RSS1.0] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
メッセージ中にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
URL
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1315] Re:[1314] 「バイオレンスジャック」(「週刊少年マガジン」40年前連載当初) 投稿者:m-ohgi 投稿日:2013/12/03(Tue) 22:57  
原本:大地震のあとの揺り返し。小学校の場面のナレーション。
   その瞬間 非常階段は 非情階段と化した
                       〜より


[1314] 「バイオレンスジャック」(「週刊少年マガジン」40年前連載当初) 投稿者:m-ohgi 投稿日:2013/12/03(Tue) 22:43  
姫が激昂するたびに、月光は姫を照射する。
姫に非常事態におちいった時、監視連絡係及び事後処理係(?)のクリオネたちが姫のまわりを飛び回り、時には非情手段をこうじる。
桜の木の下で狂喜乱舞した後、姫は、2つの事件にあい、身分の違いと過去には戻れない事を痛感する。
背後から忍び寄った御門と月の女官に激しい嫌悪感を感じる。


[1313] 幼名ヒメ・タケノコ 投稿者:m-ohgi 投稿日:2013/12/03(Tue) 00:55  
子供たちが持っていた食材用の細長いタケノコ、ヒメタケノコは、日本北部産と記述されていましたが、実際にあるんですね。


[1312] かぐや姫 投稿者:なみきたかし 投稿日:2013/12/02(Mon) 21:56  
二回見ましたが、あと二回は見ないと何も言えないです。いまのところ、わたくし的には高畑作品の首位は「火垂るの墓」のままなんですが。


[1311] Re:[1310] 赤ちゃんと月 投稿者:m-ohgi 投稿日:2013/12/02(Mon) 10:07  
雪原に倒れ、気を失う前にもらしたつぶやきがヒント?


[1310] 赤ちゃんと月 投稿者:m-ohgi 投稿日:2013/12/01(Sun) 15:45  
「輪廻転生、今回は失敗しちゃったけど、またいつの日か生まれかわってやる。」強かな、かぐや姫の野望を表現?


[1309] 赫夜姫 投稿者:m-ohgi 投稿日:2013/11/29(Fri) 05:51  
皮肉にも 漢名どおり かぐや姫
レッドカードで     強制送還?



[1308] Re:[1305] [1304] かぐや姫 投稿者:m-ohgi 投稿日:2013/11/28(Thu) 21:42  
いとおしさと切なさ、こちらも別れたくないという気持。 
ラストシーンの赤ちゃんは「願わくば、あの頃、一番楽しかった幼女時代に戻りたい!」という姫の切実な気持を表現している?


[1307] かぐや姫の物語 投稿者:boro 投稿日:2013/11/24(Sun) 01:19  
初日、早速見て来ました。

題材がおとぎ話であっても、どこまでも「人間」を見つめる高畑ドラマでした。
やはり、あらゆる意味ですごいです。
ヒロインは、ヒルダ、フィオリーナ、ハイジ、アン・・そしてチエ、タエコまでの系譜をつぐ、
内面にどうしてもゆずれない強固な一線を持ち続ける高畑ヒロインの究極系。
どこまでも人間の「善意」を見つめたい宮崎演出に対して、高畑演出はやはりどこまでも「冷徹」。
三千里で全面展開され、「火垂るの墓」で結晶した「善悪」ひっくるめたすべてを人間の営みとするドラマ・・強固な思想がここでも胸を打つ。しかし、そのとてつもない「重さ」を前代未聞の水彩調の画面作りで中和し、一般客にも感情移入しやすいものにしています。
この画面作り、特に前半部で展開された躍動感は、旧東映長編、そして小田部さんの「龍の子太郎」までに至る技術を完成・昇華・洗練させたものと思いました。
作画の中心となった田辺さんという方が、この経験を今後どういった形で発展させていくのかも、気になります。

引退作と言われていますが、やはり我々の夢は高畑・宮崎がふたたびタッグを組んだ作品ではないでしょうか。
宮崎さんの「飛翔」だけでも、高畑さんの「リアリズム」だけでも、やはりどこか足りない。
ということも、無いものねだりと自覚しつつ、一方で思います。これは漫画映画ファンの煩悩みたいなものでしょうか。
ということで、現時点で、東映長編漫画映画の最終到達点に限りなく近づいた作品・・・と評価を留保しておくことにしたいと思います。


[1306] Re:かぐや姫 投稿者:boro 投稿日:2013/11/21(Thu) 10:01  
なみきさんが、あと数回見たいと言われているので、
傑作と確信しました。
楽しみです。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
処理 記事No 削除キー
- LightBoard Antispam Version -