ANIDO 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [RSS1.0] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
メッセージ中にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
URL
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1109] ジブリ作品 投稿者:m-ohgi 投稿日:2008/10/09(Thu) 20:07  
20数年前、講談社から出版されたムック「宮崎駿ストーリーボード集」のなかで「ラピュタ」をつくらせてください。おもしろい作品にする自信があります。と言っていました。マァそれほど悪くないとは思うんですけど・・・。
ジブリ作品は全体的に説明不足?予告編と本編とでワンセット。「ナウシカ」(宮崎さんは、彼女をこれ以上血塗られた戦地に置かせたくないからつくりたくない、と言っていましたが)と「ポニョ」は続編Part2、「もののけ姫」は原作絵本版、来年DSゲームで販売予定の「二ノ国」は劇場版アニメで制作してほしいです。
観覧料は去年からシニア料金でいつも1000円で観られますがそれ以下だったらなお良いですね。


[1108] Re:[1107] やったー 投稿者:anido 投稿日:2008/10/09(Thu) 07:40  
>  1000円なら、いいです。

ポニョは結局いくらなら見てもよかった作品でしょうか?見終わったら教えてください。


[1107] やったー 投稿者:メモー 投稿日:2008/10/05(Sun) 22:44  
 崖の上のポニョは大画面で見たいからと、1000円の日に行こうよと妹を誘いはじめた次の日、東宝シネマズの招待券をゲットした!どうやらポニョを指定席で見ることができるようだ。わーい!すごいぞ。なお、メモーはラピュタは好きではありません。当時の1/18(かな?)のどなたかの感想が印象的で、今でも思い出します。ナウシカも好きではありませんが、ラピュタはもっと印象がありません。なお、昨日テレビではじめて見たハウルの動く城は、楽しかったです。600円なら大画面で見直してもいいと思いました。1000円なら、いいです。


[1106] Re:[1105] [1104] [1103] [1102] 『崖ポ』 投稿者:元1/24定購者 投稿日:2008/10/03(Fri) 22:35  
> 全ジブリ作品を通して手放しでほめるのは「ラピュタの半分まで」

「半分まで」って、ぜんぜん「手放しでほめ」てないじゃないですか。
私も同感ですが。

やはり、『ポニョ』に関しては、会長のほうが、よりシビアな評価をしておられるようですね。
もちろん私も、『ポニョ』が、「手放しで傑作と言え」る作品であるとは思いませけど、
あんまり理不尽に批判されていたりすると、ちょっと弁護してみたくなったりもします。
宮崎駿氏の呪縛から、自由になったつもりでいても、実は、いまだに解き放たれていないのかもしれません。
会長の『ポニョ』論、気長にお待ちしております。


[1105] Re:[1104] [1103] [1102] 『崖ポ』 投稿者:anido 投稿日:2008/10/03(Fri) 17:40  
ラピュタに着く前の嵐のような雲海の中の描写も印象的でした。

> いとも簡単に殺されていく、その他大勢

これには全く同感。ありえない描写です。今からでも直すべきです。
全ジブリ作品を通して手放しでほめるのは「ラピュタの半分まで」と言う意見も複数聞きますが、僕も同感。

> 私は、海の波が、生きもののようにうねる描写を見ながら、

嵐の中のおっかけ、だけ、が僕は面白かったです。
しかし、最後の(自称)宮崎ファンとしては奥歯に何もはさまってない意見は言えませんが、子供向けではなかったなあ、ぐらいですかね。



[1104] Re:[1103] [1102] 『崖ポ』 投稿者:元1/24定購者 投稿日:2008/10/02(Thu) 23:32  
> ラピュタは傑作だと思いませんか?

始まって間もなく、ヒロインが落ちて行くシーンは、映画史上、もっとも素晴らしい落下シーンだと思っておりますし、
炭鉱町の生活描写も、渓谷の鉄道での追っかけも、オーニソプターでの救出劇も、
今、思い出してみると、映画館で初めて見た時のハラハラドキドキワクワク感が、鮮明に蘇ってまいります。
ただ、私は、ラピュタにたどりついてからの展開に、まったくついていけませんでした。
いとも簡単に殺されていく、その他大勢の「ゴミのよう」な人々の描写も引っかかりましたし、
滅びの呪文を唱える主人公たちの「覚悟」にも、違和感を感じました。
(コナンかルパンだったら、呪文を唱える前に、もうひとふんばりかふたふんばりするだろうに……)
(いや、そもそもコナンかルパンだったら、ああいう顔をして滅びの呪文を唱えたりしないだろうに……)
などと思いました。もちろん、あの主人公は、コナンでもルパンでもないのですけど。
そんなわけで、私にとって、『ラピュタ』は、素晴らしいと思いつつも、「手放しで傑作とは言えない」作品であったりします。
もちろん、あの映画で、初めて宮崎氏の映画に接した子どもたちにとっては、忘れられない映画になっただろうし、
彼らは、とても幸せな体験をしたと思いますから、それはそれで、素晴らしいことだと思います。
でも、まあ、とにかく、私は、そのあたりから、ようやく、
宮崎氏の映画を、少し冷静に見ることができるようになってきたのでした。
いい大人ですから、それが当たり前なんですけど。

で、『ポニョ』ですけど、
私は、海の波が、生きもののようにうねる描写を見ながら、
アニドウの上映会で、初期のディズニーやフライシャーの作品を見た時のような、
ワクワクした楽しさを味わってしまいました。かなり笑ったなあ……
いい気分で帰宅して、ネットでの評判を検索してみたら、どうも、あんまり評判がよくないようで、
なかにはほとんど言いがかりのようなムチャクチャなことを書いてる人たちもいるし、
やはり、ここは、奥歯に何もはさまってない会長のご意見を知りたいなあと思い、書き込ませていただいたのでした。

長くなって申し訳ありません。
では。


[1103] Re:[1102] 『崖ポ』 投稿者:anido 投稿日:2008/10/02(Thu) 13:37  
> 映画館で『風の谷のナウシカ』を見てガッカリした

1/24読者で東映からAプロと宮崎さんの活躍を見てきた後でナウシカを見ると、ガッカリする部分があるもしれないとは思いますが、なにしろ我が師匠小松原作品ですので、文句は言いません。
ラピュタは傑作だと思いませんか?



[1102] 『崖ポ』 投稿者:元1/24定購者 投稿日:2008/10/01(Wed) 21:27  
非常に遅ればせながら、『崖の上のポニョ』を見ました。
映画館で『風の谷のナウシカ』を見てガッカリした私は、
宮崎駿氏の新作に期待しなくなってから久しく、
今回も、何の予備知識もなく、ほとんど期待しないで見たのですけど、
意外なことに、楽しめてしまいました。
(宮崎氏が監督した劇場用映画の中で、最もピュアな作品なんじゃないか?)
などと思っています。
社長日記に「手放しで傑作と言えない」と書いておられて、
(そりゃ、そうだな……)とは思うのですけど、
もう少し詳しいところをお聞きしたいところです。
ぜひ、どこかで、よろしくお願いいたします。
とりあえず、『カドカワ』の特集というのを読んでみます。


[1101] Re:[1100] 【日本アニメ史の断絶】 投稿者:西川口 投稿日:2008/09/24(Wed) 23:08  
> 涙でネズミの絵を描いたという逸話だね。

後に画聖と呼ばれたウォルトらしい逸話ですねえ…。

ほかにも若きウォルトが、旅の道中お金が無くて宿賃がわりに部屋の屏風にネズミの絵を描いたら、
まるでネズミが活きているように見えて大評判になったというエピソードも有名ですよね。
これも確かな資料(ファントーシュ創刊号)に掲載されていたので史実のようです。


[1100] Re:[1099] [1097] [1094] [1093] RE[1092] 【日本アニメ史の断絶】 投稿者:anido 投稿日:2008/09/24(Wed) 21:04  
> 子供の頃読んだ伝記の類には大抵載ってましたね。

そうそう、いたずらをしたディズニーが罰で柱にくくられた時に、涙でネズミの絵を描いたという逸話だね。これは確かな資料(FILM1/24)から引用した話です。いや、ほんと。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
処理 記事No 削除キー
- LightBoard Antispam Version -