ANIDO 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [RSS1.0] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
メッセージ中にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
URL
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1094] Re:[1093] RE[1092] 【日本アニメ史の断絶】 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/09/13(Sat) 04:41  
>実は、「白蛇伝」もそれされそうになり完成を急いで難を免れたという、逸話があります。
> 40年以上も東映動画を研究していますが、そんな逸話は聞いたことがありません。
 これは確かなアニメ関連書籍に記載されていたモノを、引用しました。
>ディズニーも雇い主から作品からアシスタント(?)まで持ってかれて悔しさに会社作ったという逸話もあり
>書籍を見て、勉強しましょう。ネットだけ見ていてはいけませんね。
 これも、かなり有名な逸話です。
 雇い主というのは、当時、まだウォルト氏がTV用にアニメを造っていた時の話でTVでのディズニー関連の歴史エピソードからぴぁなどのエンタメ雑誌にも掲載されていました。昨今では、そこまで触れる記事がありませんがウォルト氏生誕100周年イヤーの時集中的にされていましたが・・。
 とはいえ、各作品公開当時の新聞映画批評記事や手元にあるアニメ関連資料を見て確認はしていますが内容に間違えがあったり、記憶違いかもしれません。



[1093] RE[1092] 【日本アニメ史の断絶】 投稿者:anido 投稿日:2008/09/13(Sat) 01:59  
横濱kabitan殿、熱心な書き込みはけっこうですが、適切な言葉使いと正確な事実認識を心掛け、そして自分の心配事とつぶやきは書かないようにしてください。

> 世界的評価されているアニメ作家の作品と、TVカラー時代の人気作品ばかり

世界的評価されている作品ばかりなのはそれで十分ではありませんか?

> 一番の貢献者で東映動画初期の制作スタッフ、もりやすじ大先生・小山氏(東映動画が育てた伝説の美術マン)

もりさんが一番かどうかは意見のわかれるところです。「大先生」という書き方は適切ではありません。ちゃかした言い方に聞こえます。もりさんは本当に偉大な人なので、「大先生」などという小さい存在ではありません。

このBBSはアニドウの掲示板です。もりさんや小田部さん、小山さんの偉大さは十分知っている人ばかりですので、改めて添え書きをする必要はありません。
アニドウの「もりやすじ画集」「小田部羊一アニメーション画集」「椋尾<たかむら>アニメーション美術画集」「世界アニメーション映画史」を購入し、読破してください。

> 小田部羊一氏(今はポケモンアニメ監修役ですが、キャラデザインはもり大先生じこみ)

劇場版ポケモンのアニメーション監修は実に立派なお仕事です。小田部さんのキャラクター・デザインはもりさんじこみではありません。もりさんの班にいたことはありません。
白黒のテレビ作品も十分DVDになっていると思います。

>  こういう事をネット上でも騒ぐべきなんですがどうすればいいのか・・・

これ以上騒ぐ必要はありません。マイブログでやるぶんには止めませんが、ここでは全く必要ありません。アニドウの中心メンバーは(たとえばそう、貴方の好きな)「宇宙パトロール ホッパ」を作っていた人たちと小さい時に見て憧れている人たちがほとんどです。
アニメーション映画史上で「断絶」などしていません。

> 実は、「白蛇伝」もそれされそうになり完成を急いで難を免れたという、逸話があります。

40年以上も東映動画を研究していますが、そんな逸話は聞いたことがありません。

> ディズニーも雇い主から作品からアシスタント(?)まで持ってかれて悔しさに会社作ったという逸話もあり

書籍を見て、勉強しましょう。ネットだけ見ていてはいけませんね。






[1092] 最近、何かと言われる【日本アニメ史の断絶】 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/09/10(Wed) 04:35  
 マイブログでも、よく話に挙げる日本アニメですが本当に
@手塚・押井・宮崎&高畑から1989年以降世界的評価されているアニメ作家の作品と、TVカラー時代の人気作品ばかり
A日本アニメで一番の貢献者で東映動画初期の制作スタッフ、もりやすじ大先生・小山氏(東映動画が育てた伝説の美術マン)・小田部羊一氏(今はポケモンアニメ監修役ですが、キャラデザインはもり大先生じこみ)が手掛けた作品殆どTVでは紹介されていない。
の2点が、まさに断絶状況になっているみたいで気になって仕方がありません。
 私も、これらについてマイブログでもっと紹介したりまとめていこうかと思います。
 でも、もっと、こういう事をネット上でも騒ぐべきなんですがどうすればいいのか・・・


[1091] Re:[1090] [1087] 昆虫擬人化アニメ 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/09/07(Sun) 04:08  
> 版権の切れているもの(プライベート作品も)ならMpeg2で......
 動画映像ダウンロードの時、悩みの種になるのは
@ダウンロード時間の掛かり具合
A著作権の有無
 A番目の条件はKeyceの紹介してくださったサイトが見事クリアしていますので凄く見る側は安全に画像入手できますが@番目のは、本当にデータ圧縮して欲しいですね。
 近頃、全体的に動画データ過多でサイト見るのもしんどい。アナログ接続だけに。

 サイト見ました・・・
 左側の静止画によるダイジェスト映像で、話の荒筋が分かるようになっていて、動画再生しなくっても話の全体を知っていればそれで済んでしまいそうな感じです。
 そういうサービスは、かなり研究したり調べている研究家やマニア向けですね。



[1090] Re:[1087] 昆虫擬人化アニメ 投稿者:Keyce 投稿日:2008/09/06(Sat) 15:21  
> 他の作品を発掘してDVD販売(他社も販売していると思いますが)していただきたいです。
http://www.archive.org/details/bb_chess_nuts
版権の切れているもの(プライベート作品も)ならここでMpeg2で手に入るものもあります。オーサリングソフトがあれば、自作DVD-Video可能です。自分で探すのも楽しいものです。ただし、DLには相当時間がかかりますが......


[1089] Re:[1088] [1086] [1081] [1079] [1076] [1074] [966] バッタ君町に出ずっぱり 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/09/06(Sat) 04:11  
 GONさん、とても親切な情報有難うございます。
 確か、ウォルト・ディズニーも雇い主から作品からアシスタント(?)まで持ってかれて悔しさに会社作ったという逸話もあり、当時は
【造る人権利ナシ、流す人権利使い放題】
という作者権ないがしろ時代でしたからね・・。


[1088] Re:[1086] [1081] [1079] [1076] [1074] [966] バッタ君町に出ずっぱり 投稿者:GON 投稿日:2008/09/06(Sat) 00:50  
Republicは90年代当時フライシャー作品を所有していた会社だったので、PDではなく正規版ですね。
『ポパイ』『スーパーマン』以外のフライシャーのフィルムは、本来のParamount社から以下のような変遷をたどっています。

1955
 U.M.& M. T.V. Corporation
1956
 NTA(National Telefilm Associates)
1984
 Republic Pictures(NTAが改名)
1999
 Viacom傘下のParamount Pictures

ちなみに、1955年にU.M.& M.がTV配給用にフィルムの権利を買ったとき、タイトル部分を改変して自社名を入れてしまったため(ネガに手を加えて!)、現在見ることのできるベティのフィルムには「U.M. & M. CORP.」(まれに「NTA」)のロゴが出るわけです。


[1087] 昆虫擬人化アニメ 投稿者:m-ohgi 投稿日:2008/09/05(Fri) 16:12  
「バッタ君〜」、チェコアニメのミレルの「コオロギくんシリーズ」、「アリのフェルダ」などなど、古今東西、世界中に昆虫を擬人化したアニメってどのくらいあるのでしょうか?動物擬人化アニメの中で特に大好きなので、既に発売されている「くもとちゅうりっぷ」に続けて「バグズシリーズ」として他の作品を発掘してDVD販売(他社も販売していると思いますが)していただきたいです。


[1086] Re:[1081] [1079] [1076] [1074] [966] バッタ君町に出ずっぱり 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/09/05(Fri) 04:38  
 もしかして、「バッタ君」著作権切れているかもしれません。
 というのは、今、現在、米国の著作権は70年になっていましたが延長の際確か
≪今でも、諸権利で金が取れるものだけを延長≫
と、特番で言っていた気がしました。
 「バッタ君」は上映年が1941年なので、1991年で著作権が自然消滅した可能性が。その為に、GONさんが書いたソフト化略歴も1990年から始まっているのでそうした可能性が大きいですね。


[1085] Re:[1084] 見ていて楽しい「王と鳥」 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/09/05(Fri) 04:28  
> グリモーはプレヴェール同様いろいろ難しくてついつい身構えてしまうところがあります。
> 「王と鳥」も高畑さんの書かれた本を読んでみたのですがまだまだわからないところがたくさんあります。「やぶにらみの暴君」いつか観てみたいと思います。
 私は、「やぶにらみの暴君」はペーバームーンという雑誌の誌上ロードショー(フィルムコミック)で見ましたが、あれは上司が終わるのを待てずフィルム取り上げて手が空いているスタッフに勝手にラストかかせて終わらせてしまったものです。
 実は、「白蛇伝」もそれされそうになり完成を急いで難を免れたという、逸話があります。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
処理 記事No 削除キー
- LightBoard Antispam Version -