ANIDO 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [RSS1.0] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
メッセージ中にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
URL
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1079] Re:[1076] [1074] [966] バッタ君町に出ずっぱり 投稿者:anido 投稿日:2008/09/04(Thu) 04:45  
> 劇場予告は退色こそ激しいもののきれいだったりする

それでは、買わないといけませんな。以前に出ていた東北新社のビデオはきれいだったような気がしていますが、高いので買わなかったので確認できず。コレクターとしてはいけませんね。アメリカで出たLDの印象とごっちゃになっているのかも。あのLDと同じソースのDVDはアメリカで出ているんですよね?(主にGON氏に質問)
以前にアニドウで上映した日本版のプリントが欲しいなあ。くれないかなあ手○プロの松谷社長が....。





[1078] バッタ君 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/09/04(Thu) 04:29  
 今さっき、goo映画サイトで検索しました。
 1941年セントラル配給でフライシャー兄弟作と解りましたが題名「バッタ君町に行く」ででましたけど・・・。
 結構、フライシャー作品はディズニーに隠れてしまっている当時としては珍しい大人を意識したアニメ映画だと、おもちゃコレクターのあの人が言っていました。


[1077] Re:[1076] [1074] [966] バッタ君町に出ず 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/09/04(Thu) 04:20  
 私も、最初
【違法コピー商品】
かと思っていましたが、やはり、そちら系でしたが・・・。
 ですが、いつも思うのは
【違法でも、版元によっては正規版が出ないんじゃあ?】
という考えを持っています。
@作品著作権者が死去・不明
 これが一番多いようで、版元が東映など大手でも制作側の大半が他界されている時はかなり難しいです(復刻版マンガの場合は、それが復刻しにくくしています)。
A著作権がよくわからない
 国によっては、著作権がよくわからないとこがあるそうです。原作者はいても、違っていたりするそうです。他にも、原作者がやたら滅多に版権を売りさばいて・・というのも。
B古い
 これも大きいそうです。
 ナゼが古いと、色々あるそうです・・・ちゃんと管理していないという場合も。

 ですが、その以前にアマゾンにしては海賊版チェック甘いのでは?


[1076] Re:[1074] [966] バッタ君町に出ず 投稿者:GON 投稿日:2008/09/03(Wed) 23:37  
> www.amazon.com/Hoppity-Goes-to-Town/dp/B00076W0QY
> これはオセアニアで出ていたPAL信号のビデオテープをDVD化したものNTSC、ま、きれいですね。
> http://www.amazon.com/Bugville-aka-Hoppity-Goes-Town/dp/B000ZIZX4K
> こっちは中身不明。買おうか迷っているところ。

上のDVDと同じソース、というより多分そのDVDからコピーしたものだと思います。
画質はボケボケ、しかも巻頭の「Hoppity Goes to Town」のところが安いビデオテロップで「BUGVILLE」に差し替えられているなど最悪。
でも映像特典の『バッタ君』劇場予告は退色こそ激しいもののきれいだったりするんですね…。これだけオリジナルの35mmプリントからテレシネしたんでしょうか?


[1075] 『虫プロ出身五大監督かく語りき』 投稿者:西川口 投稿日:2008/09/03(Wed) 17:50  
広島の目玉イベントの完全記録がありました。
我らが片山教授もご活躍のようで嬉しい限りです。

http://ascii.jp/elem/000/000/166/166784/


[1074] Re:[966] バッタ君町に出ず 投稿者:Keyce 投稿日:2008/09/01(Mon) 21:18  
www.amazon.com/Hoppity-Goes-to-Town/dp/B00076W0QY
これはオセアニアで出ていたPAL信号のビデオテープをDVD化したものNTSC、ま、きれいですね。
http://www.amazon.com/Bugville-aka-Hoppity-Goes-Town/dp/B000ZIZX4K
こっちは中身不明。買おうか迷っているところ。


[1073] 角川2大タイムトラベルものアニメ 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/08/29(Fri) 03:52  
 昨日、7月分録画していたビデオで続け様に
「時空の旅人」と「時をかける少女」
入っていまして両方見ました。
 「時をかける少女」はオリジナル版を見た世代なので、映画放映時はなんとなく≪アニメでリメイク≫という抵抗感で見ませんでしたが、ビデオで全部見ましたら全くの新作でタイムトラベルにはマシンが必要でそれも100回使える!
 タイムワープには、ヒロインが豪快に転がる。
 タイムトラベルを日常使いしすぎて、細かい所でねじれていくタイムパラドックスの恐ろしさ。ラストのはかない終わり方絶妙・・・逆にオリジナル版が見れなくなってしそう。


[1072] 横浜EIZONで見たアニメ 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/08/25(Mon) 02:35  
 完全CGノンセルフアニメ作品で、「ハチ公物語」をそのままロボット犬にしたモノですが何とも情緒ある作調。セルフナシという点で海外人も見ていました。
 最後、やはりロボット犬も帰らぬ飼い主を待ち続けて止まってしまいました。どころが、それから、何百年もたちすっかり地上は人間がいなくなり植物に包まれると駅を守っていたロボットが犬からメモリーを取り出し飼い主との記憶を消去。すっかり、直った犬は何もなかったようにそこらじゅうはしりまわる所で終わり。
 こういうのもあるんですね。
 
 見ていたが外国の方、途中で席を立ってしまいました。
 それを見ていました私は、思わず
【ノンセリフで外国の人にも見れる作品がこうして出来て北が、さて、外国人がちゃんと見てくれるのには展開表現・長さは?】
と考えてしまいました。


[1071] Re:[1069] [1068] ピンチクリフ・グランプリ放映 投稿者:横濱kabitan 投稿日:2008/08/24(Sun) 04:43  
 そういえば、昔はよく地上波でもながされていたロシアとかチェコの人形アニメ。
 横浜の、先月のEIZONでも殆ど取り上げられない海外のアニメを100本以上上映されていましたが海外の人も含めて殆ど見ていませんでした。
 私は時間の都合上、一本だけ見ました。内容は
≪ある都会育ちの少年が寡黙な山小屋暮らしの画家と暮らすのだが、冬になり食料が足りなくなって画家が少年の目の前で動物を狩る。
 少年は食べ物がなくなった事は頭では分かっているが・・子供のゆえに結局画家とは一言も交わさず一旦山を降りるが、画家の個展に両親と偶然来た時自分が山小屋で描いていた(動物を狩る、画家に憎しみを込めて描いたのも・・)絵が飾られていて画家もいたので少年はそれを見て感銘。今度は自分から画家に歩み寄りまだ仲良く山小屋に≫
という、かなり真剣な内容に私は感銘しました


[1069] Re:[1068] ピンチクリフ・グランプリ放映 投稿者:araessa 投稿日:2008/08/24(Sun) 01:11  
その昔、劇場(スバル座だったよーな?)で見ましたが、人形デザインとアニメートに少々人による好みが分かれる作品だと思いました。
(どこかの劇場で最近リバイバルされたようですが。)


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
処理 記事No 削除キー
- LightBoard Antispam Version -