ANIDO 掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [RSS1.0] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
Subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
コメント
メッセージ中にはURL欄と同じURLを書き込まないで下さい
URL 入力禁止
URL
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1295] 無題 投稿者: 投稿日:2011/12/18(Sun) 17:22  
望月信夫さんがお亡くなりになりました。

先ほど伴野さんから連絡をもらいました。会長さんに連絡しようとしたがつかまらない、とのことでした。

明日19日お通夜、20日お葬式だそうです。


[1294] 由来 投稿者:m-ohgi 投稿日:2011/10/11(Tue) 20:07  
プレイベント上映会お疲れ様でした。会費が少し高いと思いましたが、たいへん楽しませていただきました。(自分も数か所写っていました)
ところで片山先生方のアニメ制作グループ名の由来は、某スナック菓子のCMソングからでしょうか?
「(アニメ制作が)やめられない、とまらない、○○○えびせん!!♪」


[1293] プレイベント上映会1日目 投稿者:TOQ 投稿日:2011/10/09(Sun) 23:26  
A〜Cプログラム終了、おつかれさまでした。
約束通りに写真をお渡しできてヨカッタです。

会長に「化けて出るぞ」と脅されましたので
明日も時間をつくって、駆けつける予定です。


[1292] 10/29(土)アニメスタイルオールナイト 投稿者:西川口 投稿日:2011/10/08(Sat) 12:07  
平成が23年にもなって池袋文芸坐のオールナイトで東映長編を観られるとは…。
先日ぴあで前売り券を買ったら整理番号が10番台でした。
まだ席には若干余裕があるようで。

http://www.shin-bungeiza.com/allnight.html#d1029


[1291] Re:[1290] 国際アニメーション・フェスティバル・TOKYO プレ・イベントについての質問 投稿者:anido 投稿日:2011/09/26(Mon) 08:49  
高くてすみませんが、1プログラム1,500円です。書き方が悪かったですね。


[1290] 国際アニメーション・フェスティバル・TOKYO プレ・イベントについての質問 投稿者:Il_Ferroviere 投稿日:2011/09/24(Sat) 21:36  
私の理解力がなく、大変恐縮なのですが質問をさせてください。
国際アニメーション・フェスティバル・TOKYO プレ・イベントの料金は1日1,500円でしょうか、それとも、1プログラム1,500円でしょうか。
お答えいただければ幸いです。


[1289] Re:[1288] プレ・イベントとして上映会を開催 投稿者:anido 投稿日:2011/09/22(Thu) 22:25  
「Petit chaperon rouge」というタイトルのアヌシーのオープニング・フィルムです。ま、そのまま「赤ずきんちゃん」でしょうか。

> すみませんがタイトル下のディズニーっぽい女の子のアニメ画像は何なのか教えてください。


[1288] プレ・イベントとして上映会を開催 投稿者:m-ohgi 投稿日:2011/09/22(Thu) 20:20  
すみませんがタイトル下のディズニーっぽい女の子のアニメ画像は何なのか教えてください。


[1287] この夏のアニメ関連3つ 投稿者: 投稿日:2011/08/23(Tue) 00:02  
 この夏は3つくらいアニメのもよおしのできごとがありました。カレル・ゼマン展とコクリコ坂からとフレデリック・バックの映画です。
 カレル・ゼマン展はたまたま通り道で開催されていたのでずっと行きたいと思いつつなかなか行きそびれていたのですが、行ってみたらずいぶんな巨匠さんだったのでびっくりしました。「ガラス」の点で某ポヤールさんと混同しており、ポヤールさんのアニメはアニドウからVHSで購入したのですが好きじゃなかったので、その人かと勘違いしていました。「クラバート」は上映会に行った覚えがあるのですが、内容は記憶に残ってなくて、なぜか「話の話」の子供とりんごとからすのシーンが脳裏に浮かぶのみなのです。この展示は見に行ってよかったです。ほんとに美術家さんなんだなと思って感心してみてきました。人形を作ったりすごく世界のあるかたなんですね。
 コクリコ坂は、ちょうどひとまわり上の世代の女性とひとまわり下の世代のおいらがいっしょに見に行きました。「上」さんは、当時の東京にいたのでその点がおもしろかったと言っていました。つまり、茶色い電車が走っていたりすることです。映画を見終わった直後には、400人(よく覚えてません。1000人だったかもしれません。)ぐらい名前が出てたねと言っていました。わしも「あ」だけでもいっぱいるなあ...と思いながらエンドロール(でしょうか?)を見てたので、1ページに数十人いましたからたしかにとってもおおぜいいたようだと思いました。
 自分の感想は、まず、ここまでリアルに描いたらアニメでやる意味って何だろうということでした。あんまり動きがすごいので(さいばしでものをつかむ動作なんてなぜ書けるのだ?)かえって細かいあらが気になって、「何ものせないしゃもじでなぜ何回もおかまをかいているのだ」とか、「あんな大きな垂れた旗をはためかせろって中割りが回ってきたらやだな」とか思ってしまいました。
 自分の高校時代はこの時代のひとまわりあとですが、中学からはまった萩尾望都の漫画を求めて古本屋めぐりをしたりしてました。当時存命だった下の妹といっしょに、秋になると文化祭で行われる「上映会」もよく見に行きました。
 このへんのことをぜひ書いておきたかったのですが長くなるのでやめます。ひとことだけ書いておくと、当時ものすごくアニドウの影響を受けてます。
 フレデリック・バックの映画は、20年ぶりですが、やっぱり同じく「木を植えた男」の途中で寝ました〜。「クラック!」は名作だと思いました。色が美しいし、ユーモアがある。最初の子供が生まれるところとかとても好きです。そしてカントリー風の曲がとてもリズミカルで楽しいし。アニメは曲がよくてなんぼだと思います。だけどとにかく文系の原子力感というか、なんか見てないけど「モダンタイムス」じゃあるまいし、ステレオタイプのイメージは古いと感じました。その点日本のアニメの科学感には夢がありますよ。
 短編集のついた上映にわざわざ行ったんですが、とにかく最近のものはだめです。根気と根性だけあっても緩急や山場や演出がなくって説教臭くて。画面も全体に書き込まれていて焦点がなくって、あんなにみごとに海が描写されるならNHKで実写のいるかを見るのとあまり違わないと思っちゃいました。もっとも、光ったりきらきらするのは不思議できれいですけど。古いものは漫画っぽくて、火の神様の話とか、「イリュージョン?」とか見やすいんですが、ナレーションで説教タイプのは最初の画面を見たとたんもういいや、という感じでした。

 結局自分はアニメはおおぜいで作ったのが好きらしいのです。おおぜいが分業してやるのじゃなくて、1人が個性が出る程度にまとまりがないけど全体では1つになってるみたいなのが。

 なにやらまとまりがない文ですがこのままあげときます。
 嘘を書いたつもりはないのですが思っていたことがうまく書けないものですね。どうもすみません。



[1286] Re:[1283] 記事3件削除します 投稿者: 投稿日:2011/06/29(Wed) 22:40  
タブブラウザの宣伝のしろうとアニメではなく
グーグルのちゃんとしたウェブ上の宣伝アニメを
お見せしたかったのですが
どういうわけか3件とも参考URLは投稿後の削除不可能な
別画面が現在表示されますので
[1282][1284][1285]の3記事をこれより削除します。




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
処理 記事No 削除キー
- LightBoard Antispam Version -